抜け毛治療には毛母細胞を活性化

薄毛、抜け毛対策の為に毛乳頭に栄養を与える事は大切です。
薄毛が気になり始めると、育毛シャンプーを使いますが、それだけでは不十分です。育毛、発毛促進には、

 

  • 頭皮の皮脂、汚れを落とす
  • 血行を促進する
  • 毛乳頭に栄養を届ける
  • 毛母細胞を活性化させる

 

 

以上の手順で頭皮を活性化して、髪の毛を再生させていきます。日々の食事も大切です。髪の毛に有効な栄養素、たんぱく質やビタミンA,B,C,Eなどのビタミン群を日頃から意識して摂取する事が望ましいです

 

毛乳頭と毛母細胞が育毛促進のポイント!

シャンプーで頭皮の皮脂を取り除く事は大切ですが、それだけでは足りません。
頭皮の血行促進、毛乳頭に栄養を届ける事が育毛、発毛促進には欠かせません。

 

 

育毛剤

 


育毛剤にもさまざまな種類があります。皮脂の除去、血行促進、栄養補給、保湿など、さまざまな効能があります。育毛剤に含まれる成分も様々です。頭皮の状態、目的に応じて育毛剤を選択することが大事になってきます。最近ではサプリメントとセットになった育毛剤が増えています。

 

育毛シャンプー

 


育毛対策としてアミノ酸系シャンプーが最適です。頭皮の汚れ、過剰な皮脂を洗い流してくれます。フケやかゆみには効果的ですが、シャンプーだけでは発毛促進は難しいです。頭皮のフケ、痒みが気になる人に最適です。頭皮環境を整えることで育毛の阻害要因を抑制します。

 

AGA治療

 


AGA治療はプロペアシアを服用することで、活性型男性ホルモン「DHT」を抑制して脱毛を抑える治療です。その他に内服タイプのミノキシジルタブレットや成長因子を注射する毛髪再生医療などがあります。医薬品のため、AGAクリニックなどで処方してもらいます。医薬品の為、副作用のおそれはありますが、効果は協力です。M字脱毛や生え際の後退など、育毛剤ではなかなか改善されない薄毛、抜け毛に最適です。

 

 

 

 

抜け毛治療のいろいろ

抜け毛治療では毛乳頭にしっかり栄養を届け、毛母細胞を活性化する事が大切です。
その為には血流を改善する必要があります。育毛剤をはじめ、ミノキシジル等を使用するのが一般的です。

 

育毛剤


育毛剤には生薬を配合しています。主にセンブリエキス、ニンジンエキスなどがあります。生薬によって頭皮の血流を改善し、育毛を促進します。他に、炎症を抑えるグリチルリチン酸、保湿作用のある植物エキスを配合。6ヶ月程度使用することで変化が見られるようになる傾向があります。

 

 

ミノキシジル


ミノキシジルは血管を強制的に拡張して血行を促進します。もともとは高血圧を治療する薬でしたが、多毛の症状が見られました。そのため、薄毛治療の医薬品に応用されました。ただ副作用としてかゆみ、かぶれ等が報告されています。育毛剤に比べると強い血流改善作用があります。さらに、毛乳頭を活性化したり、血管新生を促進する効果もあります。

 

 

フィナステリド


フィナステリドには毛乳頭に存在する特殊酵素5αリダクターゼを阻害する作用があります。DHTの生成を抑えることで、ヘアサイクルを改善します。プロペシアとして医薬品の扱いの為、皮膚科、AGAクリニックにて処方されています。副作用としては数%の割合で、性欲減退が報告されています。抜け毛治療でよく使われる内服薬です。

 

 

 

抜け毛治療で大切なこと

抜け毛治療をする為には、自分の頭皮、髪の毛の状態を知る必要があります。男性の場合のほとんどはAGAと言われる症状であると考えられますが、どのような薄毛治療が効果的であるかを確認するためにも、AGAクリニックで頭皮チェックをする事をおすすめします。

 

抜け毛治療にはAGAクリニックや育毛サロンなどが人気あります。
育毛専サロンなどは頭皮チェックを無料で行うことが可能ですが、頭皮の現状をチェックできた後は、どのような育毛プランで改善していくか提案してくれるはずです
ただ、その育毛プランに関しては長期的に結構な費用がかかるので、頭皮チェックで自分の頭皮の状態を確認できたら、その後のプランは自分でじっくり考える必要があると思います。

 

 

 

 

あまり育毛サロンの言いなりになってずっと通い続けるというのも問題があると思えるので、
男性型脱毛症の症状と、自分に必要な医薬品が何であるのかを知る必要があります。
民間の育毛サロンの場合、頭皮の皮脂をスッキリ落とし、育毛剤を注入したり、微電流をあてることで代謝をよくする方法が多いようです。

 

 

AGA治療はフィナステリドなどの医薬品を使って、髪の毛の成長を阻害している男性ホルモンの影響を抑え込む方法が一般的です。
フィナステリドやミノキシジルのような医薬品は、その薬自体はそれ程高価な訳ではありません。

 

 

 

なので、薬自体を自分で調達してAGA対策をしていくという考え方もあります。
しかし、国内では一般的には売られない医薬品である事から、海外からの個人輸入という手法で調達する事になります。
その場合は薬の品質や保証についても考慮する必要があり、安いからといって自分で医薬品を調達する方法はリスクがあるのです。

 

 

抜け毛治療ではフィナステリドやミノキシジルを処方してもらうのが一般的です。
ミノキシジルはリアップだけでなく、タブレットタイプの内服薬を服用し、血流改善します。

ミノキシジルで薄毛治療

攻めの薄毛対策として度々話題となっているミノキシジルです。
ミノキシジルには塗り薬と飲み薬の2タイプがある事はあまり知られていません。

 

ミノキシジルの塗り薬有名なのはリアップです。育毛剤の様に頭皮に塗ることで、血流を改善します。
リアップは第一種医薬品の為、薬剤師による販売が義務付けられていませす。

 

ミノキシジルタブレットは内服するタイプで、国内では認可されていません。AGAのクリニックや個人輸入によるネット販売で購入できます。

 

 

ミノキシジルのメカニズムは単純で、使用する事で血管を拡張させ、血液の循環を改善します。
ミノキシジル効果は生薬、植物エキスの比ではなく、頭皮や周辺の血流を劇的に活性化させることで、
毛根の細胞である毛母細胞の分裂を促進、頭髪の成長を助ける作用を発揮します。

 

 

 

 

さらに、毛乳頭に栄養を送ることで、血管新生作用のある成長因子の産生を促進します。
血管が増えると、毛乳頭に増える血液が増え、髪の毛の成長に良い循環がおこります。

 

 

強い血流改善作用がミノキシジルが攻めの育毛剤といわれる所以で、
AGAの脱毛を防ぐというより、より発毛を促進させるといったポジティブな成分だと言えます。

 

 

 

塗り薬も飲み薬もこの効果を期待して使う事になるので、一見するとあまり違いがないように思えるかもしれません。
ところが、実際に利用するとその使用感の違いを明確に確信するケースが非常に目立っているのがこの成分の特徴です。

 

 

理由は効果の強さにあり、塗り薬は頭皮表面に対して限定的に血流を促すのに比べ、飲み薬は全身に作用する事になります。
分量も吸収効率も飲み薬の方が多いので、必然的に飲み薬を選択する方が効果を早く高く得る事が可能となっています。

 

 

 

となると飲み薬を使いたくなってくるのが人間の性ですが、その前に問題点を忘れてはいけません。
ミノキシジルの飲み薬は非常に強力ですから、人によっては強い副作用に悩まされてしまうケースもあるのです。

 

塗り薬の場合は副作用はせいぜい痒みや湿疹程度ですが、
飲み薬の場合は多毛、動悸や気分不良などを露呈するケースもあり、塗り薬と比べてより高い次元で注意が必要です。
特に高血圧や心臓の治療を受けた事のある人は医師に確認する事をおすすめします。

 

 

もちろんその分効果は高い為、本気で悩んでいる方には有効な薬ではあります。